小林スプリングの精密技術・生産技術の根幹を支える金型技術。永年培ってきた豊かな経験とCAD/CAM等、先進の工作機械との融合があらゆるニーズにお応えします。
金型加工に特化した諏訪工場では、完全な自社金型製作体制を構築。そのメリットをフルに活かし「他ではなく小林に」と言っていただいています。確かな経験と実績に基づいた技術、匠と呼ぶにふさわしい金型技術者が、最新の工作機械をフルに活用し、複雑かつデリケートなミクロの世界をきわめます。
諏訪工場で作られる金型
諏訪工場で製作される金型は、お客様の情報を元に、使用する素材の性質、寸法公差、金型取り付けを行う各種プレス機械を考慮し、金型本体の設計を行います。それに基づき、製作、組み上げ、試し打ち(試作)、修正調整、さらに量産試作を経て、完璧な状態で小諸工場や中国工場に送り出されています。
プロファイル研削盤は、CCDカメラによる自動機上計測と自動補正加工を実現した最新鋭のデジタル研削盤です。 さらに、自動砥石交換システムと自動ワーク交換システムを装着し、砥石・ワークの自動交換でさらなる生産性、稼働率を実現します。