東京から一番近い緑のオアシス、
限界に挑戦する三芳工場
どんなに設備が最新でも、製造はひとの手、ひとの目による判断と操作なくしては成り立ちません。バネの最終段階では、一つ一つを手作業によりていねいに仕上げていきます。入室する際は、その都度エアシャワーを浴び、目には見えないチリ、ホコリを徹底的に除去したクリーンルームで作業します。お客様に対する熱意と製品への愛情、ひとの思いとマシンとの融合が確かな品質に反映されています。
最新鋭の巻き線ロボットがズラリと並ぶ三芳の工場、それらのマシンはすべてコンピュータ管理され、米粒の数十分の一にも満たない小さな巻きバネまで生産されています。
3次元画像測定
テンション測定
AAAA MX-8
トーション巻き線機
MEC SH-1 精密巻き線機
ITAYA MCS-4G巻き線機
MEC CLS-16 巻き線機