経営方針
  1. 企業の目的は利潤追求にある。 損失は社会に対する罪悪である。
  2. お得意様の繁栄を通して、当社の繁栄がある。 品質・納期を厳守してコストダウンに努めることにある。
  3. 会社の繁栄は、社員および家族の繁栄に結ばれている。 全社員が同一の目的に結ばれている意識をもつことにある。
  4. 企業競争に打ち勝とう。 全社員が闘志を燃やすことにある。
  5. 技術を売り、品質を売る企業となろう。 技術は努力の積み重ねである。
  6. 身近な事項を一つ一つ総点検することから始めよう。 創意工夫は身近にあることを意識することにある。
  7. 全社員が製品に情熱を注ぐ企業となろう。 全社員が自己能力開発に努力することにある。
経営理念
  • 品質保証の維持と5Sによって、どこよりも良い品物を作る。
  • 最適製造体制の構築・開発設計段階から原価企画活動の推進により、どこよりも安い品物を作る。
  • 機敏な作業と機動力によって、どこよりも早く品物を作る。
  • 新技術・法令・環境・市場の変化に対応し、どこよりも早く新製品を作る。