1941年

創業者小林二郎が東京都本所亀沢町3-24番地にて、小林スプリング製作所を創業。
1945年

従業員の応召戦火にて閉鎖。
1950年
8月
東京都豊島区椎名町2-1920番地において小林スプリング製作所を再発足。
1959年
8月
株式会社小林スプリング製作所に組織変更。
1960年
3月
現本社所在地に移転。
1968年
9月
精密バネの生産に気候風土、環境に適した小諸市に工場を開設。量産工場としての体制を整える。
1970年
2月
試作品・特殊製品・特急製品の即納体制を目的とした所沢工場を開設。量産及びアッセンブリー体制の充実をはかる。
1984年
6月
小諸工場を増築し、練馬工場を移転統合。板バネの生産体制の集約効率化をはかる。
1985年
5月
本社社屋落成。営業、資材調達、事務管理の効率化をはかる。
1990年
8月
小諸工場を移転拡大。主力工場として新開設する。
1992年
6月
(株)東芝様より第4回東芝資材取引先TP優秀賞を受賞。
1992年
12月
(株)イワセを資本金提携を含む企業合併。当社諏訪工場(金型製作専門工場)として、技術的充実をはかる。
1993年
2月
東京電気(株)様よりVE提案改善努力に対し、社長賞を受賞。
1994年
4月
小諸工場第2期工事として、板バネ及び板金加工・プレス専用工場を建設、生産力の拡充をはかる。
1994年
6月
日本電気(株)様より、VE活動協力に対し、オール日本電気より選ばれ社長賞を受賞。
1996年
8月
松下電送(株)様より、品質自主保証会社認定証を受ける。
1998年
5月
4期連続20年にわたり、優良申告法人賞を受賞。
1999年
2月
三芳工場を開設。周辺環境に配慮した21世紀型当社モデル工場として、試作からアッセンブリーまでの一貫生産体制が充実。
1999年
4月
東芝テック(株)様より品質自主保証登録証を受ける。
1999年
9月
インターネットによる情報公開開始。併せてEメールによるCADデータの受け渡し、規格承認図の発行を開始。
インターネットホームページ:http://www.kobayashi-sp.co.jp/
Eメールアドレス:tech@kobayashi-sp.co.jp
2001年
8月
諏訪工場新築移転。金型技術の専門工場として、より一層の技術的拡充を図る。
2002年
7月
中国広東省・広州に海外拠点の小林彈簧(佛岡)五金有限公司を、香港に販売拠点の香港小林奄美彈簧(香港)有限公司を設立。低コスト・高品質の製品供給を始める。
2002年
10月
ISO14001取得
2003年
10月
ISO9001取得
2003年
11月
5期連続25年にわたり、優良申告法人賞を受賞。
2005年
6月
広州工場 ISO14001取得
2007年
8月
広州工場 ISO9001取得
2008年
5月
6期連続30年に渡り、優良申告法人賞を受賞。
2010年
3月
中国上海市に当社2番目海外生産拠点、妙義彈簧五金(上海)有限公司を設立。
2010年
11月
上海工場ISO9001取得。
2011年
1月
富士通(株)様より開発・製造パートナーとして感謝状を受賞。
2011年
2月
上海工場ISO14001取得。
2012年
3月
SMC(株)様より3年継続納期遅れゼロにより感謝状を受賞
2013年
4月
SMC(株)様より供給面での対応が評価され感謝状を受賞
2013年
5月
7期連続35年にわたり、優良申告法人賞を受賞